これからインプラント治療を始めようと決めても

これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費が気になるのは当然です。
実際のところ、費用の総額は地域や、歯科医によってずいぶん違っています。
何しろ、ほとんどが自由診療なので、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が一般的な相場とみて良いでしょう。インプラントの技術が確立されてきた現在では、インプラント治療の失敗や不具合はほぼ無くなってきましたが、それでも完全にゼロにはならないのが残念なところです。義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、食事の際にグラグラと動いてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。
そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足に原因があると言ってよいでしょう。

 

インプラント手術の経験と実績のある歯科で治療を受けるようにしましょう。
インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により以下に示す何通りかに分かれています。人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられる「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。

 

よりメジャーである2ピースタイプは、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれます。この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。

 

 

人工歯としてのインプラントは当然、虫歯にはなりませんが、歯周病には気をつけてください。

 

 

インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングはずっと続きます。もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。
さらに深いところまで感染する可能性もあるため即刻診断を受ける必要があります。基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。費用を払いきれるかどうか心配になる方もずいぶん見受けます。それでも、クレジットカードが使えるところや、デンタルローンなどと銘打って分割払いに申し込める便利な歯科医院も多くなってきました。費用全てを現金で一度に支払えなくても、インプラント治療の開始はできる状況になっています。

 

 

 

インプラント治療を希望する代表例として、失った歯だけの治療で済ませたいという患者の希望がある場合です。

 

ブリッジ治療を例に取ると、ブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという希望がある方にはインプラント治療を優先して良いでしょう。
入れ歯で噛むと食べた気がしない、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとって適用されるのがインプラント治療です。外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、周囲にもそれと気づかれにくく、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。どうしても外見や噛み心地を要求する方に向いています。近年市民権を得てきたインプラント。人工歯の組成には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。

 

 

 

セラミックとは要するに陶磁器であり、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。

 

高い技術はさることながら、芸術的なセンスまでもを必要とする、高レベルな作業なのです。これには大変な手間と時間がかかりますから、インプラントに用いるセラミックの義歯は、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのです。

 

インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医でないとできないなら、国外までも探しにいくというのもありえます。北欧諸国はインプラント先進国といわれ、その技術を取り入れるために全世界から歯科医が集まっています。インプラント治療で、失った歯を取り戻すためには安易に妥協せず、可能な限りの情報を集めるしかありません。虫歯がかなり悪化して、抜くしかなくなってしまいました。このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、このような場合、インプラントにもできますと説明され治療を受ける決心がつきました。

 

自費診療なので、かなりの額になりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。
手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく隣の歯と同じように使えたので歯医者さんに言われたとおりだと思いました。

 

トップページでは「歯黄ばみ加齢」についてまとめています。