チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラン

チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。
インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで治療を始めるのが普通ですから患者も納得し、安心して治療を開始できます。
また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全で、快適な使用が続くことを期待できます。
「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。

 

 

 

歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。

 

 

 

当然、歯が全く残っていない状態では、差し歯は利用しようがないということです。

 

それに対して、インプラントというのは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、その上に義歯を装着して固定するというものです。原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。

 

 

 

インプラント治療はかなりの技術を要するので、失敗をゼロにすることはできません。

 

では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損など人工歯そのものに関わる失敗、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、あるいは歯並びが悪くなる、あごの骨が変形するなど審美的な問題が起こることもあります。問題が起こるリスクを軽減するためにも、歯科医はともかく慎重に決めてください。利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。その点は、担当医の技量に加え、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、誰にでも当てはまることではなく、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。担当医の指示通りに痛み止めを服用し、腫れた部位を冷やすなどしても、なお腫れがなかなか引かないという時は、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。

 

 

 

ご存じの通り、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。
医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。

 

 

 

確定申告の一項目として、医療費控除は治療費を収入から引くことができます。確定申告で忘れてはならないのは治療のたびにもらっている領収書がお金を払った証明になるのでなくしたら再発行はできないと考え、保管しておくことをすすめます。

 

1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、ケアはそこで終わりではありません。

 

 

 

せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、定着後の口内ケアにかかっているといえます。口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、その通りのケアを心がけてください。

 

 

歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。
加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。

 

 

治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。
治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。場合によっては、保険診療にもできるようですが、その条件はとても厳しいのです。
自費診療として始めるしかないのが高額の負担を強いる原因です。安い材質、安い治療で済ませても十数万円、難しいケースでは数倍の費用がかかるケースもあることを肝に銘じておかなければなりません。

 

 

様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた優れた歯科医を探したいならば、国外までも探しにいくというのもありえます。
北欧諸国はインプラント先進国といわれ、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。

 

寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、安易に妥協せず、できる限りの情報を手に入れることをがんばってみましょう。インプラント埋入は外科手術なので、術後は極力安静を保って過ごすのが無難です。日常生活では力をかけないように努め、普通の生活を上回る強度の運動はしばらく行わないようにしましょう。血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。

 

日常的に運動を続けている方なら、いつから再開して良いか、歯科医と共通理解しておくことをすすめます。インプラント埋入手術の直後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。
考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たものでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどなので、気にしないでください。

 

 

 

しかし、原因が他にあることも考えられるので、インプラントがなじむまでの間は特に、歯科医の判断を仰ぐことに努めましょう。