普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、

普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、費用面で、治療を躊躇する方もずいぶん見受けます。

 

 

 

そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、いわゆるデンタルローンのような信販会社のローンで支払いができる歯科医院が増えています。

 

 

全ての費用を現金一括払いできなくても、受けたい治療を受けることができる状況になっています。インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは多少の違和感があるといいます。

 

 

腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてひたすら辛抱が大事です。

 

しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。大至急歯科医にかかってください。

 

新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。
とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、患者さん自身のコンディションにもよるので、必ずこうだと言い切れるものではなく、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。鎮痛剤を飲んで、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。

 

どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、治療費を確保してから始めなければなりません。健康保険が使えることもまれにありますが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。普通は治療の全てが自費になるのが負担が大きくなる原因です。現状では最低線が十数万円、難しい治療を受けるケースでは費用はその数倍に及ぶことを覚悟した上で始めなければなりません。高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、長く使っている症例は多くないのが現状ですが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというのが一般的な説です。すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることによりかなり長い間保たせることができますが、セルフケアの手を緩めるとすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうと思ってください。
インプラントとクラウンがどう違うかというと、歯根が自分のものであるかどうかです。
虫歯などで義歯が必要になるケースでも、歯根部が健全であれば上から冠のような形のクラウンをかぶせることが可能です。抜歯した場合の選択は、入れ歯もありますが、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入する方法であるインプラントを用いた治療になります。歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、インプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントが定着しなければ普通は再手術しか手段はなく、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。

 

 

 

インプラントの埋入も、骨を削るので周辺の神経を損傷する危険性もあります。

 

インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。今後もおそらく保険はきかないでしょう。なぜならこの人工歯治療はブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて時間も手間もかかるからです。

 

手術の前後には様々な処置が必要で、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので時間に見合った医療費がかかります。治療の一部を保険適用にするだけでも、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。

 

インプラント手術の未経験者にとってどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。インプラント埋入手術では、術中、大して痛くないのが普通です。手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術の本番に入るためです。
術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに多少の痛みはあるかもしれませんが頓服の痛み止めが処方されるため我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。

 

 

インプラント治療を検討している方、大事なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。

 

 

 

インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど全ては歯科医の裁量にかかっており相当な差があると考えるべきでしょう。

 

 

インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だということを理解してください。できる限りよく調べて、歯科医を決めることが治療の成否を決めるのです。