これはインプラント治療の大きなメリッ

これはインプラント治療の大きなメリットですが、仮歯を入れてから、義歯だといわれることはまずありません。一見したところ、自分の歯と同じくらいとってつけた感じにならず、これは義歯だと自分から言わない限り、義歯を入れたと気づかれることはいちいち考えなくて良くなります。費用や期間より、見た目重視の方にとってこの治療方法を選ぶべきでしょう。

 

 

費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。

 

実際のところ現状では確実な説はありません。
治療後のメンテナンス次第で本来の歯同様の耐久性を得られるとされています。とすれば、普段のメンテナンス次第で長期間トラブルなく使うことも可能ですが、ケアが十分でなければ取り返しのつかない事態が起こってしまうということを肝に銘じておくべきです。

 

希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず検査の段階で断られることもあります。

 

 

ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨の幅が足りない」ということならばまだあきらめなくて良いかもしれません。

 

歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療は決して不可能ではありません。

 

現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、探して、問い合わせてみましょう。

 

様々なインプラント治療の問題点を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という説があったのではないでしょうか。それは違います。確かに、MRI検査では磁気を使うので当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。

 

 

 

ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、そのため、MRI検査は問題なくできます。今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。

 

特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、材質やコーティングの進歩によって、アレルギーもほとんど起こらなくなっています。

 

インプラント治療が可能かどうか、頭部CTの他、レントゲン、口腔内検査などいろいろな検査を実施し、その結果を見て治療に取りかかるため納得した上で治療を始められます。そして、治療終了後のメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、より快適に、長期間使えるようになるのです。歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。義歯の中でも、入れ歯やブリッジと違い、あごの骨にインプラントを定着させるので万が一、人工歯根があごの骨に定着せずインプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再手術を迫られ、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。

 

 

 

そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたって術中の痛みが怖いと思います。

 

 

 

インプラント埋入手術を受けても、強い痛みを感じることはないと思ってください。

 

切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて埋入手術を始めるためです。
麻酔が切れた後で、腫れてきたり痛くなってくることもあります。化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。

 

人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントはそれによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。

 

外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材を用いているのです。ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。

 

余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのが不安なく進めていけるでしょう。インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってメンテナンスは自分の歯より楽とは言えません。義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。

 

残存している歯と同様に歯科医、衛生士に言われたことをしっかり守ってまずは口腔内をきれいに保ってください。異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。どうにもならない虫歯で、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。このようなケースでは、ブリッジになることが多いようですが、このような場合、インプラントにもできますと説明されインプラント治療に決めました。費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。

 

 

インプラントで噛むようになり、しばらくして隣の歯と同じように使えたので私の場合は、インプラントが最適でした。