今流行りのインプラント。一度埋め込めばその効果

今流行りのインプラント。一度埋め込めばその効果はちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、現実的には、施術後のセルフケアと、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。

 

口内のセルフケアを怠れば、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。

 

 

 

加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、歯根を埋め込んでいるアゴの骨自体が弱ってしまいますから、それだけインプラントの使用可能年数にも影響が出ます。

 

 

インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。
義歯を劣化させず長持ちさせるのは、患者さん自身のケアにかかっているのです。

 

間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。
正しい方法を歯科で教えてくれるので、必ず守るようにしてください。日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。

 

また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。

 

 

自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。

 

虫歯をひどくしてしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたが他の選択肢としてインプラントをすすめられて、治療を受ける決心がつきました。
費用も見積もりを出してもらい、全て自費ですが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。

 

 

手術が終わってから、だんだんと隣の歯と同じように使えたのでインプラントにして良かったと思いました。義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるので当然、その度に費用を支払います。

 

 

 

特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診を受けるように言われます。定期検診にかかるお金は保険がきく治療がほとんどなので、三千円程度かかることが多いです。従って、年間1、2万円くらいの費用を支払うことになります。

 

インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯にはセラミックが用いられることが最も一般的だといえます。セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、作成を担当する歯科技工士の技量がモノを言います。

 

美的センスに加えて、熟練したスキルが必須になってきます。当然、一つ一つの義歯の作成には時間もかかるので、インプラントに用いるセラミックの義歯は、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療も失敗のリスクをゼロにすることはできません。

 

 

失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといった人工歯そのものの問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという見た目の問題が起きる可能性もあります。
このような危険をできるだけ避けるために、まず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。

 

 

歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。
インプラント埋入手術では、術中、痛くて我慢できないことはまずありません。

 

手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術に取りかかるためです。

 

術後、腫れがでるのに伴って痛みを感じることもあります。

 

 

 

化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。
歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、周辺の歯に関係なく治療したいなどの要望があるケースです。例えば、ブリッジ治療をするためにはブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯のみに働きかける治療と言えます。

 

 

他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという要望がある場合、インプラント治療を優先して良いでしょう。歯科治療の現場は日々進化を続けています。最近は、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。酷い場合にはインプラントが固定されず抜けてしまったり、食べ物を噛む際に義歯がグラつくといった不具合が起こる可能性もあるのです。
これは担当歯科医の技量の低さのせいといえるでしょう。なるべくなら、インプラントを専門としている歯科で治療を受けるようにしましょう。
インプラント埋入は外科手術なので、術後は手術箇所が落ち着くように、安静に過ごさなければなりません。普段よりも静かに過ごすようにして負荷がかかる身体運動は避けた方が良いです。

 

 

 

血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。

 

 

 

運動を毎日のように行っている方は、再開する時期を、歯科医と話し合って話し合うと安心できます。