虫歯がかなり悪化して、ついに歯を抜かな

虫歯がかなり悪化して、ついに歯を抜かなければならなくなりました。
ブリッジでもいいですよと言われましたがインプラントにすると、このようになりますよと説明され自分の気持ちが固まりました。
保険がきかないため、高額になりますが使用感や耐久性を考えればインプラントだと言われました。

 

手術が終わってから、だんだんと虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたのでインプラントにして良かったと思いました。

 

皆さんがインプラント治療に取りかかる前、治療費の高さは重要な問題ですね。現実には、治療費といっても歯科医院や歯科医によって大きく異なります。この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用を自由に決められるのが建前です。大まかな相場はありますので、心配しないでください。歯一本分のインプラントで、40万円前後が相場だと押さえておきましょう。

 

インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。
人工歯根を埋め込んだことで、その周りの歯も、神経を刺激されて反応したので時間が経つにつれておさまってくるケースがほとんどなので、気にしないでください。

 

 

別の原因が隠れていることもあり得るため、異変を感じた場合は速やかに歯科医の診断を受けることに努めましょう。欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。
インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、そこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。
それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。
審美性を考えた場合、どちらかというとインプラントが良いと言えます。ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという覚悟もしなければなりません。

 

 

 

インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、大きな3つの関門があります。

 

 

 

まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。

 

 

あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というプロセスをたどります。
時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまででもちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けての特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染が起きないと言えません。

 

このため、歯科医院を探すときにその医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことがキーポイントの一つです。院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてホームページ上で公開している歯科医院もどんどん増えているので、真っ先に見ておきたいところです。

 

 

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療が終わるとその状態を保たなければならず、アフターケアが寿命を決定します。

 

食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールに注意を払い、さらに自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることが必須条件です。インプラントは虫歯にならないとはいえ、ケアが行き届かなくなると歯周病になることは珍しくありません。

 

 

最近よく耳にするインプラントは、自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の代わりにあごの骨に埋め込んだ人工の歯を作ることだと考えてください。ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯根からあごの骨に埋め込んでいるので噛んだときの感じも自分の歯に近く、メンテナンスによって、良い状態を長く保つことができます。
なお、インプラント治療は全て自費となり、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、まだ定説になっていませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自分の歯と同じくらい保たせることが可能と考えていいようです。

 

 

 

そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期にわたって維持できますが、ひとたびケアを怠れば歯周病など、異常が起こることがあると思ってください。

 

インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなので術中の痛みが怖いと思います。

 

 

麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で痛さを心配する必要はありません。切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて埋入手術を始めるためです。

 

 

術後、腫れがでるのに伴って痛みを感じることもあります。
痛み止めは頓服として処方されますので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。
犬の下痢